プロザックを服用する時にはアルコールと併用しないようにしよう

うつ病にかかっている人の中にはアルコールを摂取しないと眠れないという人もいるのではないでしょうか。そういう時にプロザックを服用するとなるとどうなるでしょうか。プロザックとアルコールの併用についてはありがちなことではありますので、実際にどうなるのか気になるところです。

薬の効き目が半減する傾向にある

抗うつ剤とアルコールの併用においては、効き目が強くなりすぎる場合と効き目が半減する場合に分かれてきます。プロザックの場合は後者に当たり、うつ症状の治りが遅くなるということですので、アルコールとの併用は止めた方がいいです。それに頭痛や下痢などの副作用が出やすくなる場合がありますので、なおさらやめた方がいいということが言えます。副作用もひどくなると命にかかわることにもなりかねませんので、特に注意をした方がいいです。

お酒が止められないなら医師に相談する

お酒を摂取した状態で薬を飲むというのは決していいことではないにもかかわらず、なぜそういう飲み方をしてしまうのかということが問題になります。お酒が無いと眠れないということであれば、睡眠導入剤の使用を検討するのもいいでしょう。お酒なしでしっかりと眠ることに注力するべきです。

お酒の力を借りるよりはうつ病の治療に集中をした方がいいです。治療に集中するためにも、しっかりとプロザックを正しく服用することを心掛けましょう。

プロザックとアルコールは併用しない

プロザックとアルコールは併用しないようにしましょう。併用してしまうと薬の効き目が半減してしまいますし、副作用が起こる可能性が高くなります。薬の服用にお酒が欠かせないならば、それを止めるようにするべきで、うつ病治療に集中するようにしましょう。

関連する記事