プロザックを止める時に起こるかもしれない離脱症状に注意しよう

うつ症状を解消するためにプロザックと呼ばれる抗うつ剤が利用されています。しかも、病院から処方されるというわけでなく個人輸入によって手に入れているわけです。そうであれば、効果が高いということで利用をしている人が多いということが言えます。しかし、プロザックを服用しなくなると離脱症状が起こることがあり得ますので、止める時にも気を付けなければいけないです。

離脱症状とは止めた後の副作用のことを言う

プロザックという薬はセロトニン再吸収を抑えるための薬で、そのことによって気分をリラックスすることができます。それだけこの薬の服用が続くことになると、次第に薬によって精神が安定している状態が続くことになります。

そこで急にプロザックの服用をやめてしまうと、体内におけるセロトニンの量が安定せずに、気持ちの面で安定しなくなります。薬を止めることによる副作用の一種で、このことを特に離脱症状と言ったりします。離脱症状が起きるということはまだ薬の力が必要だということを意味しています。

止める場合は徐々に量を少なくしながら行う

だんだん治ってきて薬の力を借りなくてもいいということで止めたいのであれば、徐々に止めるような状況に持っていきます。最初は3/4ぐらいから始めてだんだん量を少なくして体内のバランスを取るようにしていきましょう。時間をかけて行きながら薬の服用を段階的に止めていくという過程がどうしても必要になります。

焦らずにゆっくりと止める方向に持っていく

プロザックを飲んでいって気分が安定していったということで、薬を飲むことを止めたいと言った場合は、いきなり止めると離脱症状が起きたりしますので、徐々に量や回数を少なくしながら段階を経るようにしてください。

関連する記事